新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧三菱 アイ(現行型)【購入アドバイス&ライバル車比較編】 / navi

クルマニュース

三菱 アイ(現行型)【購入アドバイス&ライバル車比較編】 / navi

(2009/03/11)

ファーストカーとして積極的に選べる軽自動車

  • 三菱 アイ フロントスタイル|人気中古車完全カタログ
  • 三菱 アイ リアスタイル|人気中古車完全カタログ
  • 三菱 アイ インパネ|人気中古車完全カタログ
OVERVIEWモデル概要
近未来的デザインながら安全性も非常に高い
エンジンをリアシート後ろに搭載するリアミッドシップレイアウトの採用により、フロントの骨格はすべて衝撃吸収部材に利用できるため、前面衝突時の安全性は非常に高い。また、ボンネット内のレイアウトに制約が少ないため、これまでにない近未来的デザインも可能になった。従来の軽自動車の価値を覆し、ファーストカーとして積極的に選べる車。それが三菱 アイである。
GRADE VARIATIONSグレードバリエーション
グレード名 トランスミッション ひと言解説
S 4AT 装備を省略したグレード。デビュー時はターボだったが、2006年10月からはNAモデルのみに設定されている
M 4AT デビューから2008年12月まで設定された、ターボモデルのベーシックグレード。流通量は最も豊富だ
G 4AT デビューから2008年12月まで設定された、ターボモデルの上級グレード。本革巻きステアリングを標準装備する
LX 4AT 2006年10月から2008年12月まで設定されたNAモデルの上級グレード。ディスチャージヘッドランプを標準装備
ビバーチェ 4AT 2008年12月より設定された、NAモデルの上級グレード。カタログモデルとしては唯一、ミント&ブラウン内装を選べる
T 4AT 2008年12月より設定されたターボモデル。本革巻きステアリング&シフトノブを装備したブラック内装を採用する
BUYER’S GUIDE購入アドバイス
購入時のチェックポイント
リコールの対策がされたかどうか
整備手帳で確認しよう
もともと飛ばすための車ではないが、エンジンや足回りなどは試乗して確認。無理な場合はエンジンをかけ、異音などのチェックを。リコール情報で対象件数が多いのは、サビの発生によるミッションの不具合。これは2005年12月から2007年8月までに生産された車両の一部に見られ、対象車両の場合は整備手帳で対策されたかどうかを確認しておくと安心だ。
狙い目グレード
流通量の多さよりも、
装備の充実度に注目したい
2006年式は流通量が最も多く探しやすいが、狙いを定めたいのは騒音対策が進んだ2007年式以降のモデルだ。グレード別では2007年式ならLもしくはM、2008年式ならLが探しやすい。予算に余裕があるなら2008年式に注目。流通量はあまり多くないが、低走行距離の物件が割と流通している。これ以外では、装備が充実した特別仕様車を狙うのもオススメ。
RIVAL MODELSライバル中古車徹底研究
三菱 アイのライバル3モデルをピックアップ。
現行型のR2やソニカゼストなどスタイリッシュで個性豊かな軽自動車が揃い踏みだ。
1.スバル R2(現行型)
SUBARU R2
2.ダイハツ ソニカ(現行型)
DAIHATSU SONICA
3.ホンダ ゼスト(現行型)
HONDA ZEST
スバル R2 エクステリア|人気中古車完全カタログ ダイハツ ソニカ エクステリア|人気中古車完全カタログ ホンダ ゼスト エクステリア|人気中古車完全カタログ
スバル R2 インテリア|人気中古車完全カタログ ダイハツ ソニカ インテリア|人気中古車完全カタログ ホンダ ゼスト インテリア|人気中古車完全カタログ
航空機の翼がモチーフの内外装
妥協のないメカニズムに注目!
アイに先駆けて、ハイトワゴンとは異なる道筋をつけたモデル。デザイン性の高いエクステリアが特徴だ。エンジンは直列4気筒を採用し、DOHC、DOHCスーパーチャージャー、SOHCの3種類を用意。ミッションは5MTとCVTで、7速MTモード付きCVTも用意される。
新開発のエンジン+CVTと
独特のフォルムが生んだ走り
「爽快ツアラー」をコンセプトに、ロングドライブを快適に楽しむことを追求。低く構えたロー&ロングなスタイリングと、囲まれ感を出したインテリアを備えている。エンジンは新開発の直3DOHCターボ。ミッションは全車CVTで、RSリミテッドには7速アクティブシフトも用意。
大容量ラゲージを備えた
広い室内と充実装備が好感度大
低床プラットフォームを用い、広々とした室内空間を実現。軽自動車では初めてサイドカーテンエアバッグを設定したのも特徴。エンジンは直3SOHCで、NAとターボの2種類。全車に4ATが組み合わされる。2008年12月、ワイルドなスポーツが廃止されスパークへと変更された。
狙い目グレード
レフィ
2006年式以降が200台以上!
高年式モデルが探しやすい一台

中古車相場は、最も高い2008年式でも70万円~90万円。アイの予算内で十分収まるので、できれば高年式で探したい。オススメはレフィ。2005年11月に登場した女性ユーザー向きのモデルだが、専用シートなどの装備が充実。派生モデルもあるので、探してみるといいだろう。
狙い目グレード
RSリミテッド
充実装備は上級グレードならでは!
2008年式では最も流通量が豊富

流通量は他グレードより若干少ないRSリミテッドだが、本革巻きステアリングやフロントフォグランプなどを唯一装備。特にFF車は6:4分割可倒式リアシートを搭載しており、使い勝手も良い。2008年式は相場が90万~130万円と若干アイを上回るが、未使用車が多いので探す価値アリだ。
狙い目グレード
スポーツW
2007年式以前は流通量が割と多く
中古車相場も予算内に収まる

狙い目は、ディスチャージヘッドランプや14インチアルミホイールなどを標準装備するスポーツW。ただし、2008年以降は流通量がかなり減ってしまうため、それ以前の年式から選ぶのがいいだろう。なお、中古車相場は2006~2007年式なら60万~110万円と、アイとほぼ同じくらい。
文:安藤 眞、ユニットクワトロ
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 アウディ RS4アバント│単なる移動時間を、最高のひとときへと変えてくれるモデルだ(2019/10/14)
【試乗】新型 日産 GT-R(2020年モデル)│「さすがにもう進化は難しいのでは……?」そんな不安は乗ってすぐに払拭された(2019/10/09)
【試乗】新型 シトロエン C3エアクロスSUV/C5エアクロスSUV│守り抜く哲学を体現する車(2019/10/06)
【新型】BMW Z4|BMWのオープンスポーツが約2年ぶりに復活(2019/09/27)
【新型】BMW X5|プレミアムSUVの先駆者が4代目へと進化(2019/09/26)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027