新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ ウィッシュ(旧型)【概要&変遷編】 / navi

クルマニュース

トヨタ ウィッシュ(旧型)【概要&変遷編】 / navi

(2009/04/28)

トヨタ ウィッシュ(旧型)《概要&変遷編》

乗降性と走行性の高さも魅力の7人乗り5ナンバーサイズミニバン

OVERVIEWモデル概要
「多くの人の願いに応えること」がテーマの超人気ミニバン
「Wish Comes True」をキーワードとして、2003年に登場したのがトヨタ ウィッシュだ。カローラ系のプラットフォームをベースに、従来型ファミリィセダンを超える乗降性と同等の取り回し性、ワゴンのような使い勝手、さらには多人数乗車までを同時に実現。「新しい乗用車のスタイル」を狙いとしていた。
MECHANISMメカニズム
エンジン+トランスミッションは1.8Lが4AT、2LがCVT
メインエンジンは1.8L直4DOHCで、低速域から力強いトルクを発生。追加となった2Lエンジンは筒内直接噴射D-4を採用しており、低燃費で環境性能も高い。ミッションは1.8L車が4AT、2L車がCVTで、2005年のマイナーチェンジには制御がより進化している。FFのほか、1.8L車には4WDも用意。システムは電子制御トルク配分式で、ビスカス式より優れた発進性能や走行安定性を備える。
EXTERIOR & INTERIOR内外装
内外装はスポーティ。多彩なシートアレンジも魅力の一つ
モノフォルムを採用。Cd値=0.30と、ミニバンとしてはトップレベルの空力性能を誇る。リアデザインはオーソドックスだが、ストップ&テールランプにLEDを採用し、消費電力を抑えて低燃費にも貢献。ダッシュボードはセンターコンソールのないインパネシフトタイプで、サイドウォークスルーも容易。7人乗りを基本とし、2.0Zのみ2列目シートが左右独立したキャプテンシートとなり、乗車定員は6名。
DRIVING IMPRESSIONドライブフィール
多人数乗車やロングドライブの頻度が高いなら2Lを
乗り味はファミリィカーとしてのバランスを重視したもの。乗り心地は低速域からソフトで、ステアリングの応答性もマイルド。1.8Lエンジンは低速トルクが豊かで、4名乗車ぐらいならまったく不足はない。2Lエンジンはトルクに余裕があるのに加え、ミッションがCVTとなるため、高速走行時も低いエンジン回転数がキープされる。直噴の効果もあり、ロングドライブ時の燃費も意外なほど良い。
2003年 1月/デビュー スポーティさとユーティリティ性の高さを求めたモデル
トヨタ ウィッシュ 2.0Z|人気中古車完全カタログ
2003年4月には、2L直4DOHC搭載モデルのGとZが登場。写真はスポーティグレードのZで、大径マフラーや17インチアルミホイールなども装備していた
1.8L直4DOHC+4ATの7人乗り5ナンバーサイズミニバン、ウィッシュが登場。グレードはXのみだが、本革巻きステアリングなどをもつSパッケージと、ドアロックリモコンなどを省略したEパッケージも設定された。
2004年 5月/特別仕様車 新ネッツ店誕生を記念して生まれた、上質内装をもつ一台
トヨタ ウィッシュ NEOエディション|人気中古車完全カタログ
外装では、ディスチャージヘッドランプとフロントフォグランプが特別装備として奢られている。ボディカラーは、写真のホワイトパールクリスタルシャインを含む全3色の設定だ
2.0Gと1.8XをベースとしたNEOエディションが登場。シート表皮やインパネクラスターに、専用のプレミアムドットパターンが採用されていた。
2005年 9月/マイナーチェンジ 外装デザインの変更と装備の追加、グレード整理を実施
トヨタ ウィッシュ エアロスポーツパッケージ|人気中古車完全カタログ
1.8LモデルはSパッケージを廃止し、新たにエアロスポーツパッケージを設定。エアロパーツを身にまとったほか、本革巻きステアリング、スポーツタイプメーターなども装備していた
フロントパンパーやグリル、ヘッドランプなどのデザインを変更。2.0Zには7速、1.8LのFF車には4速のシーケンシャルシフトが採用された。
2006年 4月/特別仕様車 人気グレードをベースに、上級クラスの装備を多数採用
トヨタ ウィッシュ Xリミテッド|人気中古車完全カタログ
オートレベリング機能付きディスチャージヘッドランプも特別装備の一つ。これらの装備を搭載しながらも、新車価格はベース車より2.1万円安い182.7万円からという設定だった
Xリミテッドは、1.8Xをベースとした特別仕様車。内装には、スエード調シート表皮や黒木目調パネル、本革巻きステアリングなどが採用された。
2007年 6月/特別仕様車 スマートドアロックリモコンなど、2L車のみの装備も採用
トヨタ ウィッシュ X エアロスポーツパッケージ Lエディション|人気中古車完全カタログ
エアロスポーツパッケージをベースに、脱臭機能付きクリーンエアフィルターなどを採用したLエディションも登場。IRカットガラスなど、1.8Xベースと共通の特別装備も奢られていた
1.8Xをベースにグレーのシート表皮を採用し、上質な印象の内装としたLエディションが登場。プロジェクター式ディスチャージヘッドランプやコンライト、本革巻きステアリング&シフトノブなどの装備も与えられた。
2008年 6月/特別仕様車 装備をさらに追加して、より魅力を増した特別仕様車
トヨタ ウィッシュ X エアロスポーツパッケージ リミテッド|人気中古車完全カタログ
撥水機能付きフロントガラスやIRカットガラスなどはリミテッド共通の特別装備。写真はエアロスポーツパッケージベースのモデルで、ダークグレーの専用シート表皮も採用された
黒木目調パネルや専用シート表皮を採用した、1.8Xベースのリミテッドが再び登場。今回は、角度調整式助手席アームレストなども装備していた。
SPECIFICATIONS代表グレードスペック
  2003年1月(デビュー時) 2005年9月(MC時)
グレード 1.8X 1.8X 2.0Z 1.8X
駆動方式 FF 4WD FF FF【4WD】
トランスミッション 4AT 4AT CVT 4AT
全長×全幅×全高(mm) 4550×1695×1590 4550×1695×1600 4560×1745×1600 4560×1695×1590
【1600】
ホイールベース(mm) 2750 2750 2750 2750
車両重量(kg) 1300 1400 1400 1300【1400】
乗車定員(人) 7 7 6 7
エンジン種類 直4DOHC 直4DOHC 直4DOHC 直4DOHC
総排気量(cc) 1794 1794 1998 1794
最高出力[kW(ps)/rpm] 97(132)/6000 92(125)/6000 114(155)/6000 97(132)/6000
【92(125)/6000】
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm] 170(17.3)/4200 161(16.4)/4200 192(19.6)/4000 170(17.3)/4200
【161(16.4)/4200】
10・15モード燃費(km/L) 14.4 12.8 13.2 14.4【12.8】
文:安藤 眞、ユニットクワトロ
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027